TEAM Jo-9♪

講座と平行して第九演奏会に向けても考えなければならなかった。
"第九演奏会の核となる合唱団を結成したい"と講座が終わるたび訴えた。

第2回の講座が終わった後だったろうか、参加者の一人が講座の受付に座っていた山崎さんに「城東区の第九、是非実現してくださいね。たのしみにしてます。」

…山崎さんはこの人だと思った。すぐに仲間になってもらった。
現在「合唱団Jo-9♪」の代表を務めていただいている清水さんだ。

掲げたプロジェクトを実現するためだけのグループを作ることになった。
「TEAMJo-9♪」。"城東区の第九"を縮めただけの簡単な名前。かっこよく"TEAM"を付けた。

予算を立てた。資金をどう捻出するか。営業まわりが始まった。不慣れな上、当初は実態のわからない団体にほとんど協力いただけなかった。
一番つらかった時期である。